癖を治すことで骨盤の歪み改善

骨盤をゆがませるのはどんな癖?

骨盤のゆがみは、下半身太りやむくみ、腰痛や肩こり、便秘など体の不調の多くの原因になるという話しを聞いたことがあるかたも多いと歩もいます。

 

特に女性にとってはボディラインの美しさを保つうえで重要であるだけでなく、妊娠や出産といった赤ちゃんを産むために必要な器官を守るためのものでもあるのです。

 

普段はあまり意識することはないかもしれませんが、すごく大切なものなんですね。

 

そのため、女性としては避けたい、そんな不快な諸症状の原因として挙げられる骨盤のゆがみですが、そもそもどうしてゆがんでしまうのでしょうか?

 

原因はいろいろありますが、すぐに実行できることが大事だと思うので、普段の生活習慣から考えてみたいと思います。

片足重心の立ち方が原因である

 

立ち姿勢でいる時に、無意識のうちに片側に重心を置いている人は多いと思います。片足重心の立ち姿勢はいわゆる「休め」の状態なので、両足重心であるところの「気を付け」よりも楽な姿勢ですよね。

 

けれど骨盤をゆがませないために、常時直立姿勢を保つのでは疲れてしまいます。骨盤がゆがんでいる自覚のある人は、利き足側だけでなく反対側の足でも、万遍なく同程度の時間、重心を置くように常々心がけておく必要があると思います。

 

座る時に足を組む癖がある

骨盤のゆがみの原因として、指摘されることが多いのが足を組む姿勢です。人には利き足があり、足を組む時についつい同じ足で足を組んでいると思います。

 

これも骨盤をゆがめる原因になるので、座る時には足を組まないことが大切です。次善策としては、足を組みかえて右足と左足、同じくらいの時間で足を組むように心がけるようにしてみてください。

 

バッグをいつも同じ側で持つ、肩にかける

荷物をいつも同じ側で持つのも、骨盤をゆがめる原因です。荷物を持つ時にはその重さを支えるために、体は反対側に傾いでいます。常時、同じ側にばかり傾いでいれば骨盤がゆがむのも当然だと言えるでしょう。

 

骨盤のゆがみが既にある人ならば、バッグはリュックサックタイプや肩掛け鞄など、体幹に重さのかかるタイプを使った方が賢明です。そうは言っても、いくら骨盤のためとはいえ、ウェストポーチを普段使いにはなかなか出来ないと思います。ですからバッグも右側と左側、同じくらいの時間で持つように心がけてください。

 

以上、よく言われる骨盤のゆがみの原因3つを取り上げてみました。

 

骨盤をゆがめる原因はこれ以外にも様々にあると思いますが、これらも大きな原因として取り上げられていますので、普段の生活で、バランスよく右・左を使うように試してみてください。